OB会へWEB会員登録する
OB会費を納入する
ABC基金へWEB会員登録する
ABC基金へ寄付をする
住所・連絡先変更申請

最近の画像つきお知らせ

ニュース
YouTube
2012/09/24
青山スポーツ
2012/09/14
青山学院大学ニュース 硬式野球部 東都大学野球秋季リーグ戦で準優勝
2011/11/10

 
会則

青山学院大学硬式野球部OB・OG会 会則

【憲 章】
本会は青山学院大学硬式野球部OB・OG会として、学院の140余年にわたる伝統と基本理念に則り、常に誇りを忘れず本学の発展と野球部活動への応援と貢献を基本とする。
第1条 (総則)
本会は『青山学院大学体育会硬式野球部OB・OG会(以下、「野球部OB・OG会」という。』と称する。
第2条 (目的)
本会は青山学院大学ならびに野球部活動発展のため、現役在校生への応援は勿論のこと、本会会員相互の親睦を図ることを目的とし活動する。

第3条 (会員資格)
 1. 本会は青山学院大学(前身を含む)の硬式野球部卒業生および本会総会にて認められた、途中退部者ならびに野球部への貢献者によって構成される。
2. 在校生は4年次の納会終了をもって、自動的に本会会員としての資格を有することとする。

第4条 (名誉会長)
名誉会長は「現職の野球部長」とし、退任後は本人の同意のもと「特別会員」とする。

第5条 (特別会員)
本学院または硬式野球部の卒業生でなくても、硬式野球部への多大なる貢献が認められる者は本人の同意と理事会の承認ならびに総会で決議された場合、前項の会員と同等の資格を有するものとする。

第6条 (事務局)
本会の事務局は以下に置くこととする。
【事務局所在地】 〒229-0206 神奈川県 模原市中央区淵野辺 5-10-1 青山学院大学相模原寮内(TEL・FAX) 050-3488-4364
第7条 (役員と役員構成)
1. 会長は理事会において互選し、総会において決定する。

2. 本会には会長指名により、次の役員を置くこととする。
(1) 会長: 1名、  副会長: 若干名、  会計幹事: 若干名、  理事: 若干名とし、この役員および理事をもって『理事会』と称する。
(2) その他、会長は前述の役員および理事の他、会長経験者の相談役と会計監査役を指名し、必要に応じ顧問も指名することができるが、相談役・顧問および監査役は理事会での議決権は持たない。   
(3) なお、前述の役員および理事は、各支部会により組織される支部長を兼務しない。
(4) また、会長は役員および理事が異動等の事情で理事会への出席がかなわない場合、年度内であっても同数の役員および理事を再指名し、理事会の承認を得ることとする。
(5) その他、新たな役職の新設および改廃をする場合は、理事会の承認を得るものとする。

第8条 (役員と理事の選任と任期)
1. 役員および理事メンバーは、会長の指名による。
2. 役員および理事の任期は1月から翌々年の12月末までの2年とし、再選は妨げないが会長任期は、原則最長3期までとする。
 
3. 後任会長は現会長の指名により理事会に推薦することができ、総会により決定することとする。

第9条 (役員の職務)
1. 会長は、本会を代表し会務を総括する。
2. 副会長は、会長を補佐し会長不在の場合に会長職務を代行する。
3. 会計幹事は、本会の運営に費やした費用の会計業務を監督し、監査役の監査を受け会長へ報告することを役とする。
 
4. 相談役および顧問は、会長要請により理事会に参加でき、理事会運営にアドバイスすることができる。

第10条 (役員の定年)
1. 役員および理事の定年を、原則 70才までとする。
2. ただし、任期中に70才を迎える対象者は、任期終了と同時に退任とする。
3. なお、相談役および顧問については、役員の定年とは別に会長よりの指名があった場合はこの限りではない。

第11条 (理事会の開催)
会長が開催を必要と認めた場合、理事会を開催することができる。  

第12条 (理事会の成立と議決)
1. 理事会は当年度の役員および理事数の3分の2以上の出席をもって成立する。
なお、欠席する理事会メンバーおよび委任状未提出者は理事会決議事項の一切に委任したものとする。、
2. 理事会の議決は、役員・理事数の過半数をもって決し、可否同数の時は会長がこれを決する。


第13条 (総会)  
総会は、会長の召集により毎年1回、会計年度終了後2ヶ月以内に開催し次の事項を決定する。
1.事業計画と結果
2.会計予算と結果
3.規約の改廃
4.役員の選出
5.新規会員の入会可否
6.その他事項

第14条 (臨時総会)
会長が開催を必要と認めた時に理事会で決議し、臨時総会を開催することができる。

第15条 (総会の成立と議決)
1. 総会は、会員の出席者および委任状提出数を含めた過半数をもって成立する。
なお、欠席者および委任状不提出者は、会長に白紙委任したものとする。
2. 議決は出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合は会長がこれを決する。

第16条 (会費)
1. 本会の会費は年会費および臨時会費により構成し、各々の費用は以下のとおりとする。
(1)年会費:OB: 10,000円、  OG: 5,000円
ただし、1月1日現在で70才に到達したOB・OGへの年会費請求は行わない事とするが、本人の意思により決定された金額が振り込まれた場合は、受領することとする。
(年齢は個人情報になるため、毎年卒業年で70才到達者を決定することとする。)

(2)臨時会費: 必要に応じてその都度徴収することができる。

2. 新入会員の最初の会費納入期限は、社会人1年目で勤務地が未決定の場合もあるため、会長了解のうえ 一般会員とは別の納入期限を決めることができる。
3. 会費は原則として、銀行または郵便局での振込および「野球部OB・OG会」のホームページ(以下、「HP」という。) からクレジットカードによって会費納入できる。

 4. 本会の口座は
■項目 銀行口座の場合
口 座 名:『青山学院大学野球部OB会』
銀 行 名:三井住友銀行 綱島支店 (店番号329) 
    口座番号:普通預金  5369346

■項目 郵便局口座の場合
    口座記号:10200
    口 座 名:『青山学院大学体育会硬式野球部OB会』
     口座番号:7737101


5. 納入済み会費は、理由の如何を問わず脱会者への返金はしない。 本会の年会費および臨時会費等の入出金管理は、会計幹事および会長にて管理することとする。

第17条 (会計および会計監査)
本会の会計年度は毎年1月1日から12月31日までの1ヶ年とし、年度終了後2ヶ月以内に収支報告書を作成し,
会計監査役の監査を受け総会にて会員に報告する。

第18条 (支部会の改廃)
1. 本会運営上、理事会が必要と認めた場合、支部を設けることができる。
2. ただし、様々な理由で運営が困難と思われる場合は、理事会で廃止を決議することもできる。

第19条 (会員の脱会)
本会の会員資格に照らし、会員にふさわしく無い事象があった場合、会員本人の申し出がなくても理事会の承認をもって本会からの脱会を求めることができる。

第20条 (会員の復活)
理事会において「止むを得ない理由である。」と判断された場合は、この限りではない。

第21条 (慶弔規定)
1、金額の目安は、下記を基準とし会長判断とする。
ただし、70才までの直近3年以上の会費未納者が対象の場合は、手配対象外とする。
【通夜および告別式のいずれかへの参列例】
※ 代理出席にも適用

【出 席】 【欠 席】
弔電: ○  ○
供花: ○ 15,000 円  ○  15,000 円
香典: ○ 10,000 円  ×  ー−−


2、 なお、功労のあった会員の両親死去に限り、会長判断により前述基準と同等の手配をすることができるが、配偶者は対象としない。



第22条 (その他)
本会会員の連絡先等に変更が出た場合は、速やかに『本会事務局』に連絡するか、本会ホームページの『住所・連絡先変更申請』によって変更する。

【附則】
1. 本規約は、以下につき加筆・修正し2018年の総会決議(2018年1月20日)により施行する。
第5条にて特別会員を定義した。
第7条2-(1)で会の名称を定義した。
第7条2-(2)で議決権を定義した。
第7条2-(4)で役員および理事の異動による再指名を追記。
第7条2-(5)で役員および理事ポストの改廃について、理事会の承認を必要と追加。
第7条(2)で会長任期を3期までと追加。
第8条で役員の任期と後任会長について追加。
第9条の4で、相談役および顧問の役職を定義。
第10条で役員の定年について定義した。
第12条で理事会の成立要件と議決数を定義した。
第16条1-(1)の年会費徴収の年齢制限を提案した。
第16条1-(2)で臨時会費徴収について加筆・提案した。
第16条の2で新入会員の納入期限について加筆。修正。
第16条の5で会費の管理を定義した。
第18条に支部の改廃を追加した。
第19条に会員の脱会について定義した。
第20条に会員の復会について定義した。
第21条の1に慶弔規定を追加し、金額の目途を明確にした。
       同時に会費未納者への取扱いと功労者の配偶者への対応を追加。
(改訂)
平成30年1月20日 一部改訂

*********************************************************************************

憲章
本会は青山学院大学硬式野球部OB会として、学院の130余年にわたる伝統と基本理念に則り、
常に誇りを忘れず本学の発展と野球部の活動に心から応援、貢献することを基本とする。

一、総則
1.本会は青山学院大学体育会硬式野球部OB・OG会と称する。
2.本会は青山学院大学(並びにその前身を含む)野球部卒業生及特別会員を以て構成される。
3.本会は青山学院大学並びに野球部の発展のため後輩は勿論の事、併せて本会会員相互の
 親睦融和を目的とする。

二、役員
1.会長は理事会に於いて互選し、総会において決定する。
2.本会は下記の役員を置く。
  会長 1名  副会長 若干名  相談役 若干名
  会計理事 若干名  理事 若干名  会計監査 若干名
3.上記役員は会長の指名に依る。
4.本会は上記役員を以て理事会とする。
5.役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
6.各支部長は理事以上とし、各支部役員は支部長が指名する。
7.東都大学野球連盟理事は任命時を以てOB会理事を兼務する。

三、会費
1.本会会費は下記の通りとする。
  年10,000円
2.本会会費は原則として銀行またはコンビニエンス・ストア振込およびOB会Home Page(以降:HP)から
クレジットカードに よって会費納入ができる。
 また、その期限は毎年1月1日より12月31日迄とする。
  口座名 青山学院大学野球部OB会
  銀行名 三井住友銀行 綱島支店(店番号329) 普通預金 5369346
  事務所住所・連絡先 
  〒229-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1 青山学院大学相模原寮内
  事務局 TEL・FAX : 050-3488-4364
3.本会からの脱会者の納入済の会費はこれを脱会者に返還しない。
4.本会会計年度は毎年1月1日より12月31日迄の1ヵ年とし、会計報告は年1回、総会の時期と同一とする。
5.本会会費のうち、本会の運営に支障を来さない範囲内に於いて本学に寄付を行う事とし、その金額は
 理事会に委ねる事とする。
6.本会会費に不足を生じたる場合には、本会理事会の決定に従うものとする。

四、雑則
1.本会総会は年1回、会計年度終了後2ヵ月以内に開催する。
2.本会総会の決定事項は、その出席者及び委任状提出者の過半数を以て決定する。
 尚、欠席者及び委任状不提出者はこれを総会の決議事項一切に対し、白紙委任したものとする。
3.緊急又は理事会が必要と認めた場合は臨時総会を開催することが出来る。
4.本会運営上、理事会が必要と認めた場合、支部を設けることが出来る。
5.本学並びにOB会に対して名誉を傷つけ、社会人としてあるまじき言行に及んだ者に対し、総会の承認を
 得て脱会を求めることがある。
6.本会野球部卒業生は4年次卒業時自動的に本会会員となり、その最初の会費納入期限はその年の4月以降
 とする。
7.本会は必要に応じて適宜、会員名簿を含む会報を発行する事とし、この会報等に広告等を掲載すること
ができ、この広告料等を本会会報等、作成費用に充当することが出来る。
8.本会会員の死去に対してOB会名の供花を手向ける事とする。
9.本会会員に於いて住所変更等現状に変更がある場合には、速やかに本会迄に連絡するか、またはOB会HP
 『住所・連絡先変更申請』によって連絡する。
  尚、連絡なくして生じた不都合に関しては本会はその責任を負わない。
10.脱会者の復会は基本的には認められない。但し、理事会に於いて止むを得ない正当な理由と判断された
  場合はこの限りではない。
11.本会規約に改訂及び補足の必要を生じた場合には、理事会が議案を提出し、総会に於いて決定する。
12.「特別会員」の定義 本学野球部卒業生以外の方でも本学野球部へ多大なご支援及びご貢献を頂いた方を特別会員とし、野球部OB会員と同等の資格を有するものとする。

五、付則
1.本会規約に定めなき事柄が生じたる場合は理事会の決定に従う。

改訂)
平成25年2月23日 一部改訂
平成27年1月17日 一部改訂
平成28年1月16日 一部改訂


















 
 
Copyright(C) Aoyama Gakuin University BASEBALL TEAM OB Society All Rights Reserved.
このウェブサイトのコンテンツの無断転載、複製を禁じます。
powered by obiogi